無料相談を利用する

税理士への相続相談で問題になってくるのが、どの税理士の方に依頼すべきかという事です。かなり多くの税理士事務所があるので、どの税理士事務所に相続相談をしたらよいか迷ってしまう方も少なくありません。

そんな時におすすめなのが無料の相続相談です。税理士事務所の中には、顧客確保のために初回無料で相談に乗ってくれるようなサービスを提供している所があります。無料の相続相談サービスを利用すれば、その人の人間性がわかりますし、自分との相性もしっかりと確認する事ができます

スマホ無料の税理士相談を利用する場合には、スマートフォンやパソコンから行うのが便利です。税理士事務所のホームページの中には、無料相談の申し込みページが掲載されている所があり、それを利用して申し込む事によって、無料の税理士相談ができます。相談は時間制になっていることが多く、30分程度が多いので、現在の状況を紙まとめておき、現時点で自分が把握している相続内容をすぐに説明できるようにしておくと相談がスムーズに進みます。

相続内容をしっかりとチェックしたあとは、税理士がその場でおおよその見積金額を算出し提示してくれるでしょう。相続内容によって金額は多少上下しますが、おおよその金額を知る事ができるので、便利です。

書面添付制度

相続相談を税理士に行うメリットは色々とありますが、中でも注目して欲しいのが書面添付制度です。この書面添付制度はどのような制度なのかというと、税務署に提出する書類に、税理士の方が提出した書類が正しいことを説明してくれる書類になっています。書面添付制度自体は、税理士法第33条の2に規定されている有効な制度になっています。

一般的な税申告の場合には、申告内容に不備があった場合や不明な所があった場合などは、税務調査の対象になります。たとえ故意ではなかったとしても、税務調査により不備の指摘を受けた場合には、相続税を少なく申告してしまった際に課せられる過少申告加算税のペナルティーを受けることになってしまいます。

書類しかし、書面添付制度を利用しておけば、書類の不備がある可能性を大きく減らす事ができます。もし仮に申告した内容に不備があったような場合でも、書面添付制度によって税理士の方が認めている内容になるので、直接個人にはペナルティーは無く、一旦税理士の方に意見聴取が行われます。そのため余計なお金を支払う必要がありません。

相続した内容が大きければ大きいほど、どうしてもペナルティーの額が大きくなってしまうことになるので、税理士に相続相談するメリットは大きいでしょう。

相続税対策なら税理士

税理士相続をする際には色々なトラブルが生じます。そのため、相続で起こりうるトラブルに対して、しっかりとした対応をしてくれる専門家に相談する必要があります。相続の時に多くの方の頭を悩ませているのが相続税です。非常に複雑で細かい内容になりますので、素人には大変な作業です。相続税に関しては、専門家である税理士の方に依頼するのが一番安心です。

普段は、あまり税理士の方を意識した事はないかも知れませんが、実は日本国内に税理士の方は沢山いらっしゃいます。少し大きな街中には、税理士事務所を構えている税理士を見かける事は多く、ある意味、弁護士よりも身近な専門家でもあります。

税理士は、相続税などはもちろんですが、他にも確定申告などのサポートもしています。そのため、企業などでも税金に対するアドバイスを受けることが多くあります。

相続相談の場合には、必要な書類の作成をはじめ、有効な相続税対策などのアドバイスも行っています。最近増えてきている生前相続対策などは、スムーズに相続を進める上で非常に有効な方法です。相続内容が大きい場合には、早目に税理士の所に訪れて、アドバイスを受けるといいでしょう。特に不動産関係などが多いような場合には、はやめに依頼することをおすすめします。

相続相談に最適な人

お金の相続最近増えてきている相続系のトラブルですが、専門家に依頼せずに個人で相続対策をした結果、失敗してしまったことから起こるトラブルが多くなっています。こうしたトラブルを未然に防ぐためにも、相続対策をする上では、最初の段階で最も適した相談相手を見つける事が大切です。ただ、相続関係は、どうしても難しい内容が複雑に絡んでいる場合が多いので、どの専門家に相続相談をしたらいいのかわからないとケースがあるのも当然です

実は、相続相談をする相手というのは一種類ではなく、複数の専門職の方がいます。相続する内容に応じて、しっかりと選定するという事が重要になってきます。国内の相続問題についてしっかりと相続相談をすることができるのは、税理士、弁護士、行政書士、司法書士などがあります。どれも耳にしたことがある職業だと思いますが、相談の内容によってこれらの職業の方を使い分ける事が必要になってきます。

例えば、自分の死後に起こる相続問題について考えるのであれば、遺言状の作成が必要になります。遺言状を作成する際に相談するのは弁護士がおすすめです。相続税対策の場合には、税の専門家でもある税理士に依頼する必要がありますし、所有していた不動産の相続登記や相続放棄などは司法書士でも可能です。一般的な相続手続きの書類作成は行政書士でも可能です。

このように、目的に応じて相続相談をする専門家を自分で選ぶことは重要です。こちらのページでは、相続の専門家の中でも、特に需要が増えてきている税理士に相続相談をするメリットなどを紹介します。