相続相談に最適な人

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お金の相続最近増えてきている相続系のトラブルですが、専門家に依頼せずに個人で相続対策をした結果、失敗してしまったことから起こるトラブルが多くなっています。こうしたトラブルを未然に防ぐためにも、相続対策をする上では、最初の段階で最も適した相談相手を見つける事が大切です。ただ、相続関係は、どうしても難しい内容が複雑に絡んでいる場合が多いので、どの専門家に相続相談をしたらいいのかわからないとケースがあるのも当然です

実は、相続相談をする相手というのは一種類ではなく、複数の専門職の方がいます。相続する内容に応じて、しっかりと選定するという事が重要になってきます。国内の相続問題についてしっかりと相続相談をすることができるのは、税理士、弁護士、行政書士、司法書士などがあります。どれも耳にしたことがある職業だと思いますが、相談の内容によってこれらの職業の方を使い分ける事が必要になってきます。

例えば、自分の死後に起こる相続問題について考えるのであれば、遺言状の作成が必要になります。遺言状を作成する際に相談するのは弁護士がおすすめです。相続税対策の場合には、税の専門家でもある税理士に依頼する必要がありますし、所有していた不動産の相続登記や相続放棄などは司法書士でも可能です。一般的な相続手続きの書類作成は行政書士でも可能です。

このように、目的に応じて相続相談をする専門家を自分で選ぶことは重要です。こちらのページでは、相続の専門家の中でも、特に需要が増えてきている税理士に相続相談をするメリットなどを紹介します。